浴衣のとき肌着や下着は和装用?買わなくてもインナーで代用出来る?

浴衣を新調して、次の花火大会やお祭りで着ようと、ウキウキしている方も多いと思います♪

ところで、浴衣を着る時って下着や肌着はどんなものを身に着けたらいいのでしょうか?

和装用のものもみかけますが、出来たら買わないで手持ちのもので代用したい(*^-^*)

 

今回は、浴衣の時の肌着、持ち合わせのインナーで代用する方法を紹介します!

 

浴衣の時の肌着はどんなもの?

 

浴衣の時にも下着や肌着は必ず身に着けます。

浴衣の生地は綿素材を使っているものが多く、綿素材は透けやすいです。

特に前は重なっていますが、後ろは1枚だけですので・・・パ〇ツがくっきり見えてしまうこともあります!危険です(^^;)

 

一般的な和装の肌着は、ワンピースタイプセパレートタイプの二種類があります。

ワンピースタイプはウエストについてる紐を結んで着用、セパレートタイプの下は巻きスカートみたいに着用します。

 

安いものもあるので、この機会に一着買っといてもいいですね。

でも、買いたくない、買いに行く時間がない方は代用しちゃいましょう!

 

和装用の肌着をインナーで代用!

和装の肌着の代用として、普段洋服の時に着ているキャミソールとペチコートを使います。

汗を吸収やすくて、乾きやすい素材の木綿、麻の素材がおすすめです。

上に着るキャミソールやタンクトップはユニ〇ロのものでもいいですね。

 

下に身に着けるものは、ペチコートや女性用のステテコ。

裾は膝丈くらいまであったほうがいいでしょう。

 

腰巻だったら、手作りすることもできます。

長四角の薄手の生地の両側に細めのヒモを付ければ、簡単腰巻が出来ます。

 

浴衣の時、ブラジャーはどうする?

着物や浴衣は洋服と違って、直線的で女性の体にそったデザインにはなっていません。

普段つけているブラを付けて浴衣を着ると、着くずれてしまったり、浴衣にシワがよってしまいます。

胸が大きい人は、帯の上に胸がのっかってしまい、ちょっとおばさんぽくなることも。

 

着物や浴衣の和装は、一般的に胸の小さい方や寸胴の体型の方の方が似合うといわれています。

胸の小さい方はブラジャーをつけなくてもOKですし、カップ付きのキャミソールを使ってもいいですね。

 

胸の大きな方は、ブラジャー必須です。普通のブラだと、胸を強調してしまうので、和装用のブラをつけるのがおすすめですが、胸を押さえるスポーツブラで代用できます。

 

スポーツブラがない時には、ノンワイヤーでカップにボリュームがないものを選べばOKです。

 

胸を目立たなくしてしまうのはちょっと抵抗があるかもしれませんが、着崩れせず、見栄えよく着こなせますよ。

 

♬     ♪     ♬

浴衣時の肌着についてお伝えしました。

・浴衣の時は透けるので、肌着を身につけましょう!

・肌着はキャミソール、タンクトップ、ペチコートで代用できます!

・胸の大きい方はスポーツブラなどで胸を押さえ目に!

 

きれいに浴衣を着こなして、花火大会やお祭り、楽しんできてくださいね♪

 

買ったばかりの浴衣!新品の浴衣は水通しする?洗う時の注意点も!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
くらしのヒントBOX!

コメント

タイトルとURLをコピーしました