簡易ペットボトル湯たんぽは危険?注意することと作り方のコツを紹介!

これからの時期、冷え性の方にはつらい季節がやってきますよね。

そんな時に、気軽にあったまるグッズといえば湯たんぽです。

 

最近は簡易ペットボトル湯たんぽなんかが話題になっています。

ですが、実はペットボトル湯たんぽが危険なことは知っていますか?

 

今回は、ペットボトル湯たんぽの注意点や作り方やコツをご紹介します♪

 

ペットボトル湯たんぽの気を付けることまとめ

 

湯たんぽといえば、熱いお湯を入れますよね?

考えてみて下さい、ペットボトルが熱湯に耐えられると思いますか?

 

ペットボトル湯たんぽは、ペットボトルが重要です。

水などが入っていた潰れやすいタイプのペットボトルなんかを使うと、耐熱性能がないので大変危険です。

ペットボトルでも「耐熱性能」がなければ、ヤケドすることもあるので、気を付けましょう。

 

じゃあ、どんなペットボトルを選べばいいの?と思いますよね。

よくコンビニなどで、あったかい缶コーヒーやお茶のペットボトルのものが販売されているコーナーを見かけると思います。

そこのお茶のタイプのものであれば、耐熱性能もあるので大丈夫でしょう。

 

よく、冷えているものでもお茶のペットボトルであれば大丈夫、とも書いてあることころもありますが、よくわからないこともあると思います。

ペットボトルを湯たんぽにするのは、自己責任になってしまうことを考えると、耐熱性能が絶対にある、と確信できるものにしましょう!

 

そして最後にもう一つ注意することがあります。

それは、「お湯の温度は90度以下にする」ということです。

それ以上の温度のものを入れてしまうと、耐熱性能があるとはいえ、ペットボトルなので変形してしまい、危険です。

 

ヤケドなどをして、いやな思いをしないためにも、温度は守りましょう!

 

ペットボトル湯たんぽの作り方!

 

安全なペットボトル湯たんぽの作り方をご紹介します♪

 

【用意するもの】

・50度くらいのお湯(量は7,8割程にする)

・ホット用の耐熱性能があるペットボトル

・タオル

・ゴム

 

1.ホット用のペットボトルに50度程のお湯を7~8割入れる。

2.ペットボトルにタオルを巻いて、ゴムでとめる

 

これだけで、簡易ペットボトル湯たんぽの完成です☆

とりあえずすぐに湯たんぽが欲しい方は、試してみて下さい♪

 

さいごに

 

ペットボトル湯たんぽの注意点や作り方やコツをご紹介しましたが、いかがでしたか?

 

ペットボトル湯たんぽを作るときは必ず、ホット用のペットボトル、お湯の温度は90度以下にしましょう。

それさえ守れば、簡単に安心してペットボトル湯たんぽを使うことができます。

 

冷え性に悩んでいる方は、参考にしてみて下さい♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク
くらしのヒントBOX!

コメント

タイトルとURLをコピーしました