アフィリエイト広告を利用しています

ペットボトル湯たんぽは爆発するから危険?注意する点と温度は何度までか解説!

スポンサーリンク

これからの時期、冷え性の方にはつらい季節がやってきますよね。

そんな時に、気軽にあったまるグッズといえば湯たんぽです。

最近は、ペットボトル湯たんぽなんかが話題になっていますよね。

ですが、実はペットボトル湯たんぽが危険なことは知っていますか?

そこで今回は、簡易ペットボトル湯たんぽは危険?注意することと作り方のコツを紹介!

スポンサーリンク

ペットボトル湯たんぽは危険?爆発する?

湯たんぽといえば、熱いお湯を入れますよね?

考えてみて下さい、ペットボトルが熱湯に耐えられると思いますか?

ペットボトル湯たんぽは、ペットボトルが耐熱性能になっているかが重要です。

水などが入っていた潰れやすいタイプのペットボトルなんかを使うと、耐熱性能がないので大変危険です。注意点を紹介します。

耐熱性能

ペットボトルでも「耐熱性能」がなければ、ヤケドすることもあるので、気を付けましょう。

じゃあ、どんなペットボトルを選べばいいの?と思いますよね。

よくコンビニなどで、あったかい缶コーヒーやお茶のペットボトルのものが販売されているコーナーを見かけると思います。

そこのお茶のタイプのものであれば、耐熱性能もあるので大丈夫でしょう。

よく、冷えているものでもお茶のペットボトルであれば大丈夫、とも書いてあることころもありますが、よくわからないこともあると思います。

ペットボトルを湯たんぽにするのは、自己責任になってしまうことを考えると、耐熱性能が絶対にある、と確信できるものにしましょう!

お湯の温度

それは、「お湯の温度は50度以下にする」ということです。

それ以上の温度のものを入れてしまうと、耐熱性能があるとはいえ、ペットボトルなので変形してしまい、破裂して爆発状態になり危険です。

ヤケドなどをして、いやな思いをしないためにも、温度は守りましょう!

お湯の量

ペットボトル湯たんぽにいれるお湯は8割り程度にしましょう。

少なめにすることでお湯が冷める段階で内部の圧力が下がるので、破裂するリスクを減らせます。

キャップを閉める

蓋をしっかりしめておかないとお湯が流れ出てビチャビチャになってしまいます汗

使用時間

長時間使う際には、ペットボトルが加熱によって劣化する可能性もあります。

長時間の使用は避けて、定期的にペットボトルの状態をチェックしてくださいね。

スポンサーリンク

ペットボトル湯たんぽの作り方!

安全なペットボトル湯たんぽの作り方をご紹介します♪

【用意するもの】

・50度くらいのお湯(量はペットボトルの7,8割程にする)

・ホット用の耐熱性能があるペットボトル

・タオル

・ゴム

1.ホット用のペットボトルに50度程のお湯を7~8割入れる。

2.ペットボトルにタオルを巻いて、ゴムでとめる

これだけで、簡易ペットボトル湯たんぽの完成です☆

とりあえず、すぐに湯たんぽが欲しい方は、試してみて下さい♪

毎日使うのでしたら、ペットボトルよりも、湯たんぽを用意した方がいいですよ!

熱いお湯も入れられますし、安心して使えます。

タンゲ化学工業(Tange-kagaku-kougyou)
¥3,980 (2024/04/10 00:15時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\商品券4%還元!/
Yahooショッピング

電子レンジでチンする湯たんぽは取り扱いが簡単でおすすめです♪

\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\商品券4%還元!/
Yahooショッピング

優しい温かさで癒やされます。

さいごに

ペットボトル湯たんぽの注意点や作り方やコツをご紹介しましたが、いかがでしたか?

ペットボトル湯たんぽを作るときは必ず、ホット用のペットボトル、お湯の温度は90度以下にしましょう。

それさえ守れば、簡単に安心してペットボトル湯たんぽを使うことができます。

湯たんぽを毎日使いたいと考えている方は、ペットボトルよりも普通の湯たんぽを用意したほうがいいでしょう。

冷え性に悩んでいる方は、参考にしてみて下さい♪

最後まで読んでくださりありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
スポンサーリンク

コメント