老人ホーム宛に年賀状を出す時! 宛名はどう書けばいいの?

老後は老人ホームで過ごすという選択肢も

今では当たり前になってきました。

 

実は筆者はもともと有料老人ホームで働いていました。

お正月といえば年賀状ですが、

元気な人は自分でも書いて出していましたし、

実際そういった方には年賀状もたくさん届いていました。

もちろん年賀状だけじゃなく、

お正月のあいさつに実際に老人ホームに会いにやってくるご家族も

たくさんいます。

 

でも、会いに行きたいけど仕事や家族の都合で

老人ホームに行くことができないという場合は、

年賀状を出してみてはいかがでしょうか?

きっと喜んでくれると思います。

 

スポンサーリンク

老人ホームに出す年賀状の宛名の書き方は?

 

老人ホームに入居している人に年賀状を送る場合の

宛名の書き方ですが

下記のような形でいいと思います。

 

「〇〇(施設名)内
○○ ○○(入居者の名前)様」

 

施設名の後には「内」をつけましょう。

ここで「気付」と迷う人もいるかもしれませんが、

気付は一時的にその人がいる場所を指しているため、

一時的に滞在しているような施設では良いかもしれませんが、

そこに住んでいる場合は「内」を使いましょう。

 

ちなみに個人ではなく施設宛に年賀状を出したい場合は

「○○(施設名) 御中」

となります。

 

施設でお世話になっている職員さんに出す場合もあります。

職員さん宛だと

「〇〇(施設名) 〇〇様」

となります。

 

もし、入居されてる施設が大規模なところだったら

施設の名前の後に

〇階〇〇号室も入れたら

仕分けする職員の方にもわかりやすいですね。

(わかる範囲でいいと思います)

スポンサーリンク

老人ホームに入居している人への年賀状・コメント例を紹介!

 

最近では年賀状もパソコンで自作する人も多いですが、

せっかく年賀状を送るのだったら

一言手書きのメッセージを添えて送りたいものです。

 

自分の近況報告だったり、

孫のことだったり

飼っているペットのことだったり・・

入居者にとって身近なことを書くのがいいと

思います。

 

これと言って書くことがない場合は、

相手の健康を祈る言葉や

会いたいと思っていることなどを

伝えればいいと思います。

 

「忙しくてなかなか会いに行けませんが、
お母さん(お父さん)のことはいつも気にしています。」

 

「寒い日がまだまだ続くので、くれぐれも
健康にはご留意ください。」

 

「今年もお母さん(お父さん)にとって素敵な年に
なりますように。」

 

など一言でも添えてあったら嬉しいと思います。

 

悪口や噂話、お金の話などは避けて

相手にとって楽しくなるような内容を書くように

心がけましょう♬

 

スポンサーリンク

まとめ

 

男性の場合、仕事が忙しくなかなか老人ホームに

顔を出せないという人も多いと思います。

そういう場合は手紙や年賀状を送ってみては

いかがでしょうか。

 

子どもからの便りというのは

いくつになっても嬉しいものだと思います。

 

もし認知症がある場合でも

写真やイラストが添えてあると、

メッセージが伝わりやすいと思います。

年賀状、是非書いてみてくださいね♪

 

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
くらしのヒントBOX!

コメント

タイトルとURLをコピーしました