ハマグリの貝柱の取り方は?殻にくっついた頑固な貝柱もスルッと取れる!

ハマグリを食べた時に残ってしまう貝柱、もったいないですよね。

私も色々と試行錯誤してみたのですが、なかなかキレイに食べることが出来ません。

 

しかし、簡単に貝柱をキレイに取る方法があることがわかりました!

これで人前でも安心して食べることができますね~♪

 

今回は、ハマグリの貝柱の取り方や、貝柱も取れる焼き方などをご紹介します。

 

スポンサーリンク

はまぐりの貝柱の簡単な取り方は?他の貝にも使える?

 

貝柱の簡単な取り方は、とても簡単でした!

 

ハマグリをビックリさせよう!

 

ハマグリに熱を加える前に、「ビックリ」させてみて下さい。

どうビックリさせるかというと、ガチャガチャ貝同士をぶつけるだけです。

加熱前の鍋にハマグリを入れ、菜箸で10回ほど回してください。

 

そうすると、貝柱が緩み、更に加熱を加えることでポロっととれるんです。

なんだか、意外な方法ですよね~!というか、貝もビックリするものなんですね!

 

ちなみに日本の海は時計回りに潮が渦巻いているので、

反時計回りに回転させることによって、よりハマグリがビックリするそうですよ!

 

中には貝をこすると貝柱がとれる、という話も聞いたことがあると思います。

私もこれを試したのですが、全く効果がありませんでした…。

なので、基本的にはビックリさせる方法で試してみて下さい。

 

また、貝柱がどうしても取れない場合は、

貝柱と貝殻の接している場所を、箸で押したり貝柱をつまんでグルグルさせてみて下さい。

少し行儀が悪く見えるので、できるだけ一人の時にした方がいいかもしれませんね…。笑

箸でやるのが嫌な場合は、キッチンばさみで切ってしまうのもいいと思います。

 

スポンサーリンク

貝柱も取れる!はまぐりの焼き方はアルミホイルに包むといい!

貝柱もスルッと取れちゃう、

ハマグリのアルミホイルでの焼き方をご紹介します。

 

ハマグリをひとつずつ1枚のアルミホイルでしっかりと包んでください。

この時、包み方が甘いと汁がこぼれることがあるので、固く包みましょう。

包んだら網の上、または焚火に入れて6分ほど待ちます。

 

6分経ったら、アルミホイルは剥がさずに1分ほど放置し、じっくりと蒸らしてください。

汁をこぼさなさいように開ければ完成です。

 

そのまま食べてもおいしいし

お好みでバター醤油をかけて食べてもおいしいです!

 

ちなみにアルミホイルで熱を逃がさないように焼くだけで、

上の貝柱が外れて、下の階にも汁が残り、より美味しく焼くことができます。

バーベキューをする際は、是非アルミホイルを忘れずに包んで焼いてみてください。

 

はまぐりのトースターを使った焼き方!

はまぐりはトースターでも焼くことができます。

トースターで焼くときに気をつけたいのは、はまぐりの汁がこぼれてトースターが汚れないようにすること!塩分混じりの汁がこぼれると、掃除が大変ですから(^^;)

 

トースターに付属している専用のトレーかアルミホイルを敷いて焼くようにしましょう。

トースターは上下から熱が伝わるので、網で焼くよりも早く焼くことができます。

はまぐりが開いてくると焼き上がりです。

スポンサーリンク

さいごに

 

ハマグリの貝柱の取り方や、貝柱も取れる焼き方などをご紹介しましたが、

いかがでしたか?

 

ハマグリの貝柱の取り方は、ハマグリをグルグル回してビックリさせるだけです。

回すときは、反時計回りすると、より効果的ですよ♪

おちゃめな方法な感じがしますが、この方法が一番いいと思います。

 

また、アルミホイルでしっかりと包むことによって、

熱を逃がさずに焼くことができるため、貝柱がキレイに外れやすくなります。

 

汁もこぼれにくくなるので、味も最高に美味しくなりますよ~!!

美味しく食べるためにも、アルミホイルは忘れないでくださいね♪

 

ハマグリの貝柱に悩んでいる方は、是非参考にしてみてください!

スポンサーリンク
食べ物
スポンサーリンク
くらしのヒントBOX!

コメント

タイトルとURLをコピーしました