アフィリエイト広告を利用しています

もち麦を子供はいつから食べれる?何歳からなら腹痛にならない?

スポンサーリンク

もち麦というと、大麦の一種で栄養価が高く身体にいい事で知られています。

テレビで特集されることもありますし、ダイエット効果もあるので、食べている方も多いかと思います。

身体にいいものですから、成長真っ盛りの子供に是非食べさせたいものですが、もち麦って何歳から食べさせていいものなのでしょうか?

もち麦について調べてみると・・・

子供が食べると下痢をしてしまう、という報告も見られました。

その他の注意点なども気になりますよね。

そこで今回は、もち麦は子供が食べても大丈夫なのか?何歳からOKなのかについて紹介します。

また、食べさせる時の注意点もまとめたので、是非ご覧ください。

スポンサーリンク

もち麦は何歳から子供が食べても大丈夫?

もち麦は名前の通り、モチモチしていて、とても弾力がある食感です。

食べ応えがあり、満腹感も感じやすいです。

弾力が強い食べ物だということを考えると、

きちんと食べ物を噛むことが出来るようになってから食べさせた方がいいでしょう。

3歳を過ぎれば、だんだん固い物も食べられるようになっていきます。

なので、3歳を過ぎていれば、もち麦を食べさせてOKです♪

小学生のお子さんも食べて大丈夫ですね。

ちなみに、もち麦は食物繊維がとても豊富に含まれています。

食物繊維は消化器官がしっかりと働かなければ、きちんと機能しません。

こうしたことを含めて、もち麦は3歳を過ぎてから食べさせるようにしましょう。

この年齢の目安は、もち麦だけではなく、大麦、雑穀米などにも当てはまります。

更に気になる方は、細かく調べてみてください。

また、詳しい年齢が気になる方は、メーカーのQ&Aを見てみるといいですよ。「

3歳を過ぎているけど、本当に大丈夫なんだろうか…?と心配の方は、

購入したもち麦のメーカーのQ&Aをご覧ください。

あるメーカーのQ&Aには、離乳食が終わったら、とありました。

もしも、離乳食後や3歳未満(2歳)のお子さんに食べさせる場合は、おかゆのように柔らかめに炊いて食べさせるといいでしょう。

お子さんのお腹の具合も見極めながら、少量ずつ食べさせるようにしましょうね。

もち麦を子供に食べさせると腹痛になる?

スポンサーリンク

もち麦を食べると子供が下痢しちゃう?何歳からなら腹痛にならない?

もち麦には食物繊維が豊富に含まれていますから、大人であれば、お通じがよくなる程度ですむと思いますが・・・

子供が食べ過ぎてしまうと、下痢になってしまうことがあるようです。

先程もご紹介したとおり、子供の腸内環境は3歳頃から整い始め下痢のリスクが低くなります。

ただ、子供の体質や腸内環境は一概には言えず、必ずしも3歳を過ぎたからといって下痢をしないとは限りません。

そのため、様子を見ながら、徐々に量を増やしていくことが重要です。

もち麦を子供に食べさせる時の4つの注意点!

もち麦を子供に食べさせる時の4つの注意点を紹介します。

①少しずつ食べさせる

②少量からはじめる

③異変があったら量を減らすか食べるのをやめる

④アレルギー症状が出ないか注意する!

順番にみていきましょう。

①少しずつ食べさせる

せっかく体にいいものなので、お腹を壊してしまうのは避けたいですよね。

まずは、少しずつ様子をみながら食べさせるようにしてください。

離乳食が終わってから、段階的に食べさせる: もち麦を導入するタイミングは離乳食が終了した後が適しています。徐々に導入し、子供が食べやすい形状や調理法から始めましょう。

 

②少量から始める

最初のうちはもち麦は柔らかめに炊いて、少量から始めましょう。

食べ慣れてくれば、徐々に量を増やしていきましょう。

 

③異変があったら量を減らすか食べるのをやめる

下痢などの症状が出たら、量を減らす、食べるのをしばらく控えましょう。

子供が下痢などの症状を示した場合は、すぐに量を減らし、食べるのを一時的に控えることが大切です。様子を見ながら対応しましょう。

 

④アレルギー症状が出ないか注意する!

もち麦に対するアレルギー反応にも注意が必要です。

新しい食材を取り入れる際は、アレルギー症状に注意しながら様子を見てください。

 

後は注意点とまではいきませんが、もち麦には独特なニオイがあります。

もち麦を入れすぎると、ニオイを嗅ぎなれていない子供には嫌がる子もいるでしょう。

もち麦を入れる際は、少しずつ試してみてください。

これらのポイントを心掛けながら、子供に安全にもち麦を楽しんでもらえるようにしましょう。

↓以前、テレビで紹介していたもち麦レシピが美味しくておすすめです!

もち麦は小学生のダイエットにも使える?

もち麦はカロリー控えめで、栄養価が高く、食物繊維も豊富、そして何よりも満腹感も感じやすいです。

また、普通のお米を茶碗1杯食べるよりもカロリーを抑えることが出来るため、小学生の子供でも健康的にダイエットすることが出来ます。

子供の肥満が気になる…という方は、もち麦をご飯に加えてみるといいでしょう♪

もち麦をたくさん入れると食べにくくなるので、白米7:もち麦3くらいの割合にすると良いですよ!

無洗米を使うと計るのもラクです。
炊き込みご飯にすると子供も食べやすいと思います♪

SMILEGRAINS(スマイルグレインズ)
¥1,848 (2024/07/12 12:19時点 | Amazon調べ)

さいごに

食物繊維が豊富でダイエット効果も期待できる、もち麦!

もち麦は何歳からOKなのか、食べさせる時の注意点などをご紹介しましたが、いかがでしたか?

もち麦は、3歳を過ぎれば食べることができます。

ただし、いきなり食べさせるのではなく、少しずつ試していきましょう。

食べ過ぎはお腹を壊すこともあるので、気をつけてください。

3歳よりももっと早く食べさせたい方は、おかゆのように柔らかめに炊いて、少量ずつ食べさせるようにしましょうね。

栄養素が豊富で高い満腹感が得られるもち麦はダイエットの味方にもなってくれます。

たくさん食べたいと思っちゃいますが・・・白米に少しずつ混ぜて炊いた方が食べやすいですよ。

もち麦は、正しく食べることで健康的な体を目指すことが出来ます。

普段の食事に取り入れるだけなので、とても簡単ですよね。

子供に食べさせる際は、年齢と量に気を付けてください!

最後まで読んでくださりありがとうございました。

https://kurashinohintsbox.com/2300.html

https://kurashinohintsbox.com/2309.html

https://kurashinohintsbox.com/2307.html

スポンサーリンク
食べ物
スポンサーリンク
シェアする
スポンサーリンク

コメント