秋の味覚・さんまの開きの焼き方!グリルで焼く時のコツとは

これからの時期、さんまのおいしい季節ですよね~!

9月~11月はサンマの脂肪分が多いので、とてもジューシーです♪

 

おいしく食べるためにもキレイに焼きたいけど、上手く焼けないことはありませんか?

私も焼き時間をミスってしまったり、失敗してしまいます。

 

今回は、さんまの開きのグリルでの焼き時間やコツ、

焼いた後のグリルの簡単な掃除方法をご紹介します♪

 

おいしく焼こう!さんまの開きはグリルで何分焼く?コツを紹介!

 

さんまの開きをグリルで美味しく焼く時間は・・・

・片面グリル:強火で7分、裏返して5分

・両面グリル:中火で7~8分 が目安です。

さんまを焼くときは、先にグリルを熱してから網にサラダ油を塗っておきましょう!

 

だいたいの目安ですが、どのグリルも両面で10分を目安にするとキレイに焼けます。

様子を伺いつつ、うっすら焦げ目がつけばOK!

 

たま~に、身がパサパサになることがあると思います。

その場合は、魚の表面をさっと焼き固めると防ぐことができますよ!

なので、先にグリルを温めておくことは忘れないようにしましょう♪

 

さんまを焼いた後のグリルの掃除は重曹で楽して簡単に!

 

さんまはおいしいけど、グリルを使った後の掃除が大変ですよね。

実は重曹で簡単にキレイにすることができます♪

 

①グリル全体に、汚れを隠すように重曹を振りかける

②水溶き片栗粉(1:2)を入れる

③その上に、さらっと重曹を二荼毘振りかける

④グリルを戻して空焼きする

⑤火を止めて、冷めるまで放置する

⑥汚れが剥がれてくるので、ペリペリと剥がす

⑦お湯で流してスポンジで優しく洗う

 

基本的に放置するだけで、汚れが落ちちゃいます♪

最後もお湯で流すだけなので、とても簡単にキレイにできますよ!

 

ベタベタやギトギトするものを洗うのは嫌ですよね。

片栗粉を使うことでペリペリと剥がせるので、地味に楽しいですよ♪

 

さいごに

 

さんまの開きのグリルでの焼き時間や、掃除方法をご紹介しましたが、

いかがでしたか?

 

片面焼きと両面焼きで、時間が変わってくるので確認しておきましょう。

目安は10分として、慣れないうちはこまめに見てあげるとキレイに焼けますよ♪

 

グリルの掃除は大変なので、つい焼き魚を避けてしまうことがあると思います。

簡単な掃除法がわかると、たくさん焼きたくなりますよね♪

 

これからの季節はさんま以外にもおいしい魚がたくさんあるので、

これを機会に是非グリルを使って魚をたくさん食べましょう!

 

 

スポンサーリンク
食べ物
スポンサーリンク
くらしのヒントBOX!

コメント

タイトルとURLをコピーしました