濡れたレインコートは家のどこにかける?早く乾かす技も紹介!

レインコートは、雨の日にも安心できる素晴らしいアイテム!

一度使うと、梅雨の時期なんかは手放せないですよね!

 

レインコートについて調べてみると、このような声を見かけました。

 

「レインコートって濡れたらどこで乾かすの?」

「レインコートが汚れたら、洗濯すべき?」

 

今回は、この2つの悩みを解決したいと思います!

 

スポンサーリンク

濡れたレインコートって脱いだ後どこにかける?早く乾かす方法も!

レインコートを干す場所は、「玄関」or「お風呂」の2つが多いでしょう。

濡れているものなので、水が垂れてきてもいい場所が望ましいです。

 

玄関では、突っ張り棒やマグネットフックを使って干している方もいました。

確かに、突っ張りなどを使えば乾かしやすいですね~!

 

お風呂場は定番中の定番でしょうか。

汚れてもサッと洗いやすいですし、乾燥機能がついていれば乾かしやすいです。

 

早く乾かす方法を考えてみたのですが、この上の二つだとお風呂だと思います。

乾燥機能がついていることを考えると、玄関よりは早いでしょう。

 

ちなみに、私は洗濯物を干す場所にタオルを敷いて干しています。

乾燥機を置いているので、急ぎの時はあっという間乾くので便利です。

 

使ったタオルを洗う手間ができてしまうのですが、

レインコートを優先させることを考えれば、それほど苦ではありません。

 

乾燥機がない方は、扇風機を置くと、乾燥機代わりになりますよ~!

 

レインコートが汚れてたら…洗濯した方がいい?

 

レインコートが軽い汚れの場合、お風呂場でサッと流すといいでしょう。

 

汚れが気になる場合は、洗濯タグを確認後、洗濯してください。

レインコートは色々な加工がされているので、洗濯タグの確認は必須です!

 

レインコートを洗濯する際は、必ず洗濯ネットに入れましょう。

レインコートは撥水加工がされているので、できるだけ負担を減らしてあげてください。

 

洗剤はアウトドアウェア用の洗剤をおすすめします。

(家庭用の中性洗剤でもOK!)

 

ぬるま湯で洗うと、より汚れが落ちやすくなります♪

 

また、すすぎの時間は通常の2倍にしてください。

レインコートは水分を通さない加工がされているため、すすぎに時間がかかります。

 

ちなみに、脱水は必要ありません。生地の加工へのダメージとなってしまいます。

 

洗濯後はタオルで水分を拭き、自然乾燥させてください。

 

・洗濯ネット入れる

・洗剤をいれる(できればアウトドアウェア用のもの)

・すすぎの時間は2倍

・脱水は必要なし

 

この4点を抑えておけば、レインコートの洗濯も安心です!

撥水加工やその他の加工も考えて、洗濯するといいでしょう。

 

アウトドアウェア用の洗剤は楽天やAmazonなどにあるので、ご覧ください♪

 

 

スポンサーリンク

さいごに

 

レインコートは、「玄関」「お風呂」「洗濯物を干す場所」で乾かすといいでしょう。

玄関では突っ張り棒があると便利ですよ♪

また、洗濯物を干す場所で乾かす際は、床にタオルなどを敷いてください。

 

洗濯方法は、洗濯タグを確認し、加工をダメにしないようにしましょう。

適当に洗ってしまうと、せっかくの加工が台無しになってしまいます。

上記にある洗濯方法を参考にしてくださいね。

 

 

スポンサーリンク
生活
スポンサーリンク
くらしのヒントBOX!

コメント

タイトルとURLをコピーしました