合成皮革の靴がきつくて痛い!やわらかくして伸ばす方法は?

皮の靴より価格もお手頃で買いやすい合皮の靴。

可愛いデザインも多く、気に入って買ったけど、いざ履いてでかけようと思ったらキツくてはきづらい!なんてことありませんか?

 

ネット通販で靴を買うと、サイズが合わないことがあると思います。

リスクがあることはわかっていても、私は、ネットでついつい靴を買ってしまいます。

 

靴の説明文もよく読んで、

足のサイズが似たスタッフさんが履いているサイズを購入するのですが、

届いた靴をはくと・・・

キツイことはよくあります( ノД`)

 

サイズが合わず、キツい靴は知り合いにあげたり、フリマに出したりすることもできますが・・・せっかく気に入って買ったのにちょっともったいないですよね。

ここではキツい合皮の靴、人工を皮革 柔らかくする方法や伸ばす方法を紹介します!

 

スポンサーリンク

靴を柔らかくして伸ばす方法(合皮)!

皮の靴は少々きつくても、皮のばしスプレーなどがあり、伸ばす手立てがありますし、履いているうちに足になじんでいきます。

合皮の靴は皮の靴に比べてなかなか足になじんではくれないのですが、

合皮の靴を柔らかくして伸ばす方法はあるので今回2つの方法を紹介します。

 

ドライヤーで伸ばす!

きつい靴を伸ばす方法(合皮)にはドライヤーを活用します。

 

合皮の靴の素材はだいたいウレタン樹脂という素材でできており、熱を帯びると柔らかくなる性質があります。

この性質を利用してドライヤーで、合皮の靴を柔らかくして伸ばしてみます!

使うものはドライヤーと靴下2,3枚です。

 

①靴下を2、3枚重ねてはき、合皮の靴をはきます。

ちょっとパンパンで窮屈だと思いますが、我慢、我慢!

②靴の外側にドライヤーをあてます。

一度にドライヤーを当てる時間は2~5分くらいを目安にしてください。

③温めてからドライヤーを冷風に切り替えて靴を冷やします。

 

この工程を3回くり繰り返してみましょう。

靴が冷えたら靴下を1足にするか、ストッキングを履いたりして

履き心地を試してみてください。

 

それでもまだ、キツイようでしたら

もう一度同じ工程を繰り返してくださいね。

 

【注意点】

・ドライヤーの熱が高温になりすぎないようにしてください

・同じ部分にドライヤーを当て続けないように

靴の生地を傷める原因になったり、熱でやけどをしてしまう可能性もありますので、気を付けてください。

 

合皮の靴の伸ばし方!シューズストレッチャーを使う

シューズストレッチャーは足に合わない靴を左右同時に縦横に伸ばして自分のサイズにカスタマイズする便利グッズです。

 

シューズストレッチャーを靴の中に入れて、ネジで幅や長さを調節。何日か靴の中に入れておき、靴を伸ばすことができるのですが、

セットして数日おいておくだけで、

狭くキツかった靴が履けるようになるんです!

 

シューズストレッチャーがあると

より早く靴をカスタマイズすることができます。革、合皮、スニーカーにも使えて、外反母趾に対応しているパーツもあります。

一つ持ってると便利ですね♪

 

 

靴のサイズ調整の専門店

あと、靴のクリーニングやサイズ調整をしている専門のお店もあります。

値段は店にもよりますが、私が調べたお店では

幅出し(ポイント)800円

全体1500円で

靴伸ばしをしてくれるそうです。

 

自分でやってもどうにもならない時はお願いするのもいいかも?!

スポンサーリンク

さいごに

合皮の靴を柔らかくして伸ばす方法を紹介しました。

 

靴を買うときは、ご存知だと思いますが、できるだけ、夕方の足がむくんでいる時間帯に試着して買うようにしましょう。

 

私のような靴の通販マニアの方は、買った靴がキチキチだったら(;^_^A

ドライヤー&靴下重ね履きで伸ばすか

シューズストレッチャーを試してみてくださいね。

 

スポンサーリンク
生活
スポンサーリンク
くらしのヒントBOX!

コメント

タイトルとURLをコピーしました