八十八夜はなんで夜なの?意味やお茶との関係を紹介!

2019年の八十八夜は5月2日。

八十八夜はよく耳にはするけれど、意味を知らない方もいるでしょう。

 

私も言葉は知っていましたが、意味までは知りませんでした。

確かに八十八夜はなぜ夜なのか、お茶との関係性などが気になりますよね。

 

今回は、八十八夜の意味やお茶との関係性についてご紹介します。

 

スポンサーリンク

八十八夜とは立春から数えて?なんで「夜」なの?

八十八夜は、立春から数えて八十八日目の日のことを指します。

先ほどもご紹介した通り、2019年は5月2日となります。

 

ちなみに農家で種をまく時期、とされているそうです。

私は実家が農家なのですが、確かに八十八夜ころに種まきをしていました。

 

また、日本には二百十日と二百二十日という雑節もあります。

なんだか、八十八夜はと似ていますよね。

しかし、上の二つ「日」で終わっていますが八十八夜は「夜」で終わっています。

 

なぜ、八十八夜だけ「夜」がつくのでしょうか?

 

調べてみると、明確な情報はなかったのですが、推測がありました。

どうやら「夜」がつく理由は農民の日数の数え方が由来されているというものだそうです。

 

太陽暦では月の満ち欠けで月日の日付が決められます。

そして農民たちは太陽暦で月日(日数)を数えられていたことから、

八十八夜の日が丁度「夜」だったのでしょう。

 

すこし不思議な感じもしますが、今となっては八十八夜の方が覚えやすい気がします。

逆に八十八日だと、印象が薄いような…。笑

農民たちも、覚えやすいように八十八夜にしたのかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

八十八夜とお茶の関係は?

 

八十八夜にお茶を飲むと長生きできる、といわれています。

確かにお茶は体にいいイメージがありますが、なぜ八十八夜なんでしょうか?

 

というのも八十八夜に使われるお茶の葉は、

春になり新しく芽をだした新葉を使ったものであり、体にいいとされているのだとか。

 

芽は春になるまで冬の厳しい寒さに耐え養分をゆっくりと蓄えているので、

とても新鮮で栄養価なども高く、うまみ成分なども多く含まれているそうです。

 

ちなみに八十八夜にお茶を飲むと長生きできる、という言い伝えのほかに、

「新茶を飲むと病気にならない」というものもあるそうです。

 

新芽の新鮮な新しい茶葉だからこそ、このような言い伝えがあるのでしょう。

 

現代であれば栄養価などは研究施設などですぐにわかるものですが、

昔の人々は経験だけでそれを知ったのですから、凄いことですよね。

昔の人々の知恵は、こうして今も語られていることを考えるとロマンを感じます。

こうした文化は、残していきたいものです。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

八十八夜の意味やお茶との関係性についてご紹介しましたが、いかがでしたか?

 

八十八夜の「夜」の意味は太陽暦からのものだということがわかりました。

もちかしたら他の「夜」がつく言葉も太陽暦が関係しているのかもしれませんね。

 

また、八十八夜にお茶を飲むと長生きできる、という言い伝えは、

春の新しい茶葉を飲むことで病気にならないため、というものでした。

 

昔の人々の経験、知恵は現代でもこうして受け継げられています。

八十八夜には、新鮮なお茶を飲み健康に過ごしましょう♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク
くらしのヒントBOX!

コメント

タイトルとURLをコピーしました