日傘の色は黒が日焼け防止に効果的?!理由とは?

日差しがきつくなると、手放せない日傘。

最近では年中通して使ってる人も多い日傘ですが、どんな色の日傘を選んだら紫外線防止効果になるのでしょうか?

紫外線効果があるのは、黒・白どっち?

選ぶべき素材についても紹介します!

日傘の紫外線対策になる色は黒!?白は意味がない?

 

 

紫外線防止効果がある日傘の色は、なんとなく黒か白じゃないかと思っていました!

実は黒い日傘は光を吸収して、紫外線をカットしてくれます。一方白い日傘は光を反射することによって紫外線をカットしてくれます。

 

いずれも、紫外線を完全にカットするわけではありませんが、どちらかというと黒い日傘の方が白い日傘よりも紫外線をカットしてくれるようです。

外側の色は白でも黒でも、UV加工している素材を使っていれば効果はそんなに差はないので、好きな色の日傘を選べばいいかと思います。

最近ではポップでカワイイ色の日傘も出ていますね♪

 

外側は色はあまりこだわらなくても大丈夫ですが、内側の色は黒がおすすめです。

日差しの強い時期は、日光の照り返しがあり、顔や身体に日光があたってしまいます。

日傘の内側の色に黒を選んでおくと、光を吸収してくれて、下からの照り返しにも効果的です。

日傘の紫外線に強い生地とは?

日傘では、絹、綿、麻、ポリエステルの生地がよく使われています。

 

ポリエステル

ポリエステルの生地は、UV加工していなくてももともと紫外線をカットする効果の高い素材です。

ポリエステルにUV加工した日傘は、劣化しにくく、長く使えるそうです。

デメリットとしては天然素材に比べて暑いこと。

ポリエステルは素材自体が熱くなり、傘の内側まで熱さが伝わってきます。

 

天然素材(綿・麻・絹など)

綿、麻、絹など天然素材のものは日光を繊維の内側にとどめるため、ポリエステル素材のものに比べて涼しいとです。

 

一方で天然素材のデメリットは素材の劣化です。

天然素材のものは使っている間に繊維が劣化してしまい、色があせてしまったり、紫外線加工の効果がなくなってしまいます。

このため天然素材の日傘の寿命はだいたい2、3年くらいといわれています。

 

日傘の素材は、綿や麻などの天然素材のものが涼しくておススメです。

最近のものは、厚手の生地や二重構造になっているものがあって、内側の生地が黒いものを選ぶと、上からも下からの照り返しからも紫外線を遮断することができて、効果的ですね。

 

 

 

まとめ

・日傘の色は、外側は何色でも!(黒や紺、白が人気)、内側は黒がおすすめ

・日傘の素材は天然素材のものが涼しくておすすめ

 

可愛い日傘を選んで、紫外線もしっかりカットしちゃいましょう!

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました