曇りの日でも日焼けするから日傘は必要!意外と多い曇りの日の紫外線!

皆さんは、曇りの日も紫外線対策をしていますか?

実は、曇りの日も紫外線は多く、紫外線対策が必須となります。

 

確かに、太陽の紫外線が雲だけでカットされるわけがないですよね…。

しかし、曇りの日は日差しも弱く、「大丈夫だろう」と思いがちです。

 

曇りの日も紫外線対策した方がいいのかな?と思っていても、周りの人たちがさしてなかったら、一人だけ日傘はちょっと恥ずかしいですよね。

 

今回は、曇りの日の紫外線量や日焼け対策についてご紹介します。

 

スポンサーリンク

曇りの日の紫外線ってどれくらあるの?日傘が必要な理由は

 

曇りの日の紫外線量は、薄曇りで8割~9割と言われています。

完全な曇りの日でも、6割の紫外線量があります。

 

これには私もビックリしました!

曇りの日の紫外線量は多いという話は聞いたことがあるのですが、

多いといっても6割くらいなのかな~と勝手に思っていたので…。

 

このことから見ても、曇りの日も日傘は必要だということがわかると思います。

日傘は体の上半身、頭や首、顔、腕などに日陰をつくって日差しをカットできます。

曇りの日でも堂々と日傘をさしてくださいね。

 

日焼け止めももちろん有効的ですが、

プラス日傘をした方が更に紫外線対策として有効的です。

 

UVカット加工されている日傘であれば、紫外線を100%カットしてくれます。

薄曇りで8割、曇りでも6割の紫外線と考えると、

日焼け止めだけで100%紫外線対策するのは難しいと思います。

 

ちなみに、雨の日でも紫外線量は3割あると言われています。

私も調べるまで知らなかったのですが、雨の日も油断禁物なのは少し面倒ですよね。笑

 

↓日傘は意外と有効期限が短いです!

日傘には有効期限があるってホント?!古い日傘は効果なし?

デパートやおしゃれな雑貨店では、夏だけじゃなく通年日傘が並んでいます。

最近の日傘はデザインもいろいろあって、性能もよくなっています。

お気に入りの日傘を探しましょう!

 

紫外線を反射してくれるのは白い日傘ですが、黒い日傘の方が照り返しも内側の黒い色で吸収してくれます。

日傘の色は黒が日焼け防止に効果的?!理由とは?

 

スポンサーリンク

日傘だけじゃ心配!曇りの日でも日焼け対策を徹底しよう!

 

紫外線は、一方からではなく、道路や建物を反射して散乱しています。

特に3月から9月の正午くらいの時間帯にはアスファルトの照り返しで紫外線を浴びてしまうこともあります。

下からの照り返しを、日傘だけでは紫外線を100%カットするのはムリです。

紫外線カット効果の強い味方になるのはサングラスと日焼け止めです。

 

サングラス

日焼け対策として

サングラスはおすすめです。

 

目にも紫外線は入ってきますから、目の紫外線対策もしておいて間違いでしょう。

それだけじゃなく、目の周りはデリケートなので、日焼け止めを塗りにくかったりします。目の周りの日焼け防止としてもサングラスは効果的です!

 

サングラスを選ぶときは、レンズがあまり暗すぎないものがおすすめです。

レンズの色が暗いと、日光のまぶしさをカットできますが、日の当たらない場所で暗くなって見えにくくなり、瞳孔が開いてしまうことから、かえって紫外線が目の中に入りやすくなってしまうのです。

レンズの色は薄めの色を選びましょう。

 

日焼け止め

そして忘れてはならないものが「日焼け止め」です。

日傘+日焼け止めをすることで、散乱している紫外線をカットすることができます。

 

日焼け止めの選び方ですが、

とにかく紫外線を防ぎたい!という方は、SPFが高いものを選んでください。

 

日焼け止めなど何もつけていない状態とSPF 30のものでは、

日焼けするスピードが30倍も違うそうです…。

そう考えると、恐ろしいですよね…。

 

ちなみにPAはUVAを防止する効果を表しています。

+の表記が高いほどUVAの防止効果が高くなり、シワなどの防止に繋がります。

 

ただし、SPFやPAが高くなればなるほどお肌への負担がかかってしまいます。

そうなると、日焼け止めも効果が高いものを選ぶのを避けたくなりますよね。

 

そんな時に必要となるのが、日傘です。

日傘だけでもダメ、日焼け止めだけでもダメ、

どちらも使うことでお肌への負担を減らしつつ、効果的に紫外線対策ができます。

 

曇りの日だからとって、

日焼け止めだけですましたり、日傘のみで過ごすのは辞めた方がいいでしょう。

甘くみてると、日焼けしてしまって後のケアが大変になってしまいます(>_<)

 

[quads id=1]

スポンサーリンク

まとめ

 

曇りの日の紫外線量や日焼け対策についてご紹介しましたが、いかがでしたか?

 

薄曇りで8~9割、曇りで6割の紫外線量があることがわかりました。

また、雨の日でも紫外線量は3割もあります。

 

太陽が出ていなくとも、紫外線対策をせずに外にでてしまうと、

将来的にシミやシワの原因になってしまいます…。

 

曇りの日でも恥ずかしくありません!日傘をさして紫外線対策しましょう。

その他にも日焼け止め、サングラスなどでしっかりと対策をとりましょう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
くらしのヒントBOX!

コメント

タイトルとURLをコピーしました