日傘には有効期限があるってホント?!古い日傘は効果なし?

強い日差しが気になる季節になると、日傘が欠かせなくなりますよね。

特に女性の方は、紫外線対策として毎年使用している方が多いと思います。

 

そんな日傘ですが、実は有効期限があるのをご存知でしょうか?

日傘はUVカット加工されているものなので、効果の期間があります。

 

今回は日傘の有効期限や耐用年数、日傘を長持ちさせるコツなどをご紹介します♪

 

スポンサーリンク

日傘にも耐用年数があった?効果がなくなった日傘の見極め方は

日傘の耐用年数は、加工方法や保存状態、使用頻度にもよりますが、

だいたい「2年~3年」程と言われています。

これは、きちんとお手入れした場合の年数です。

 

日傘は、先ほどもご紹介した通りUVカット加工がされています。

 

ちなみに、どのように日傘のUVカット加工がされているかというと、

「紫外線吸収剤」という薬剤を使用して加工されています。

 

日傘を雨傘として使用したり、水洗いすると、この薬剤が剥がれてしまい、

日傘の寿命を縮めてしまいます。

 

日焼け止めと同じような効果だと考えると、想像しやすいですよね。

日焼け止めよりは効果は続きますが、いずれは落ちてしまうものなので…。

 

効果がなくなった日傘を見極める方法は「生地」の確認です。

日傘の生地が色褪せたり、薄くなったり、破れてしまった場合は効果がほとんどありません。

 

その場合は、もう一度UVカット加工し直すか、新しく買い直すといいでしょう。

 

スポンサーリンク

日傘の長持ちのコツは?

次は日傘を長持ちさせるコツをご紹介します♪

 

・日傘の洗い方

日傘は洗ってもいいものとNGのものがあります。

洗ってもいい日傘の種類は、綿や麻、化繊などの素材のもの。

そのほかの素材は水洗いは避けた方がいいでしょう。

日傘を洗う際は、お風呂場で洗うといいですよ。

 

おしゃれ着用の中性洗剤で洗剤液を作ります(水4ℓに洗剤10㎖)

スポンジに洗剤液を含ませて強くこすらないように、ポンポンと優しくたたくように洗います。

洗い終わったらシャワーでさっとすすぎましょう。

 

乾かす時は、錆びるといけないので骨の部分の水気をよくふき取り、日陰で乾かします。

 

乾いた日傘には外で防水スプレーを噴射しておくと、防水効果や汚れも防いでくれますよ。

 

・日傘のたたみ方

日傘をたたむ時って一枚ずつ整えて紐でくるっと丸めてボタンで留めますよね。

日傘を手でたくさん触ると布を摩擦することになり、表面の加工が少しずつなくなってしまうそうです。

長持ちさせようと思ったら、

きっちり畳まないで、ふんわりとまとめるようにしましょう。

 

・日傘の保管方法

日傘の経年劣化は日差しを浴びることで進みます。

また、蛍光灯の光を浴びてもUV加工の効果は落ちていってしまいます。そのことを踏まえて、日傘はできるだけ日差しや蛍光灯の光が当たらない場所に保管することをおすすめします。

 

オフシーズンは下駄箱の中や棚の中などに入れておくといいでしょう。

 

・雨の日は使わない、雨傘として使用しない

 

日傘は紫外線対策アイテムであり、雨傘ではありません。

最近では雨傘としても使用できるタイプがありますが、

UVカット加工を少しでも長持ちさせたいのであれば、雨傘として使うのは控えましょう。

 

でも大事に使っていても、どうしてもUVカット加工は落ちてきてしまいます。

そこでおすすめしたいのが「UVカットスプレー」です。

 

UVカットを復活するスプレー技

UVカットスプレーを使うと日傘の紫外線カット効果を長持ちさせることができます!

 

やり方は簡単!

日傘の表と裏側に

UVカットスプレーをまんべんなくスプレーするだけでOK!

 

これだけで、

紫外線吸収剤が繊維にコーティングされ、紫外線の防止だけでなく、色あせの防止ができて

日傘を長持ちさせることができます♪

 

日傘だけじゃなく、UVカットスプレーは衣類やカーテンにも使えますよ!

 

 

その他におすすめなのは、UVカット加工の薬剤を使用していない日傘です。

 

・厚地の生地を使用している日傘

・生地そのものに紫外線を遮断する繊維を使用している日傘

 

この2つのタイプの日傘であれば有効期限がありません。

 

お値段は少し高めで購入するのに迷ってしまうかもしれませんが、

UVカットスプレーを買ったり、日傘を買い直すよりは、お得なのかな~と思います。

 

調べる際は、「UVカット素材 日傘」で検索してみてください♪

「加工」ではなく「素材」になるので、覚えておきましょう。

 

[quads id=1]

スポンサーリンク

まとめ

 

日傘についてご紹介しましたが、いかがでしたか?

日傘には、「UVカット加工」のものと「UVカット素材」の2つのタイプがあります。

 

UVカット加工の日傘の耐用年数は2年~3年。

UVカット素材の日傘は有効期限などはありません。

 

どちらもメリット、デメリットがありますが、自分に合う日傘が一番だと思います。

長く使うのであれば、少し高めのUVカット素材の日傘がいいでしょう。

 

意外とデリケートな日傘、

長持ちさせたいのでしたら、取り扱いも注意して大切にしてくださいね(#^^#)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
くらしのヒントBOX!

コメント

タイトルとURLをコピーしました