娘の嫁ぎ先へのお歳暮の相場やおすすめの品は? 先に送った方がいい?

もし自分の娘が嫁いだ場合、

嫁ぎ先へお歳暮は贈るべきなのでしょうか?

 

もちろん同居していれば、

普段からお世話になっているわけなので

贈るべきでしょう。

 

しかし今では結婚しても旦那の両親と同居するケースはまれです。

 

娘自身も旦那の両親とは、普段関わりがないというのも

珍しくないかと思います。

 

そうなってくると娘さんのご両親としては

贈るべきか迷ってしまいますよね。

 

かえって相手に気を遣わせてしまうかもしれない・・・

しかし贈らないことで、

娘に肩身の狭い思いをさせてしまうかもしれない・・・

 

と悩みは尽きないかと思います。

 

そこで今回は娘の嫁ぎ先へお歳暮は贈るべきなのか

調べてみました。

 

娘の嫁ぎ先へお歳暮を出す時は先に送った方がいい?相場は?

 

まずお歳暮を贈るべきかについてですが、

のちのち後悔しないためにも

贈っておいた方がいいと思います。

 

お歳暮をもらって悪い印象を持つ人はいませんし、

もし相手の方から「お互い様だから今後はなしにしましょう」と言われたら

その時にやめれば済む話です。

 

今は男女平等の世の中なので

どちら側から先に贈るべき、というのはありませんが

中には「婿側の方が立場が上」という考えをもった人もいるので、

嫁の実家側から先に贈っておいた方が無難です。

 

もし嫁ぎ先の方から先にお歳暮が届いてしまったら、

まずは電話でもいいので

すぐにお礼をするようにしましょう。

 

お歳暮の一般的な相場は、3,000円~5,000円のようですが、

贈り先が娘の嫁ぎ先になるので

5,000円ぐらいのものを選ぶのがベストです。

 

娘の嫁ぎ先にお歳暮!おすすめの品は?

 

肝心の贈るものですが、

相手の喜ぶものを贈るのが1番です。

 

娘に旦那のご両親は何が好きか、

それとなく聞いておきましょう。

 

もし迷ったら、お菓子やジュースなどの食品、

もしくはタオルや洗剤などの日用品などが無難です。

 

食品は日持ちするものを選ぶといいでしょう。

 

もし相手が遠方にお住まいなら、地域の名産物でも

いいですね。

 

どうしても相手の好みがわからないという場合は

カタログギフトを贈るというのも手です。

 

ちなみにギフト券はよく思われないことが多いようなので

避けた方が無難です。

 

[quads id=1]

まとめ

 

今の時代お歳暮といった

昔ながらのしきたりを気にしない人も多いので

贈るべきか迷ってしまいますが、

もともと「お歳暮」というのは日頃の感謝の気持ちと

相手の健康を願うために贈るものです。

 

両家が末永く良好な関係を築いていくためにも、

「お世話になっている」と感じたら贈っておきましょう。

 

 

1度贈ってしまうとやめ時が難しいですが、

一般的に結婚した年から3年、5年といったキリのいい年で

やめる家庭が多いようです。

 

もし言い出しにくい場合は

娘夫婦に「もう今年はお歳暮はいいから、ご両親に伝えておいてね」と

言っておくのも手ですよ。

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
くらしのヒントBOX!

コメント

タイトルとURLをコピーしました