白菜は生で食べると「毒」ってホント?危険な理由を解説!

野菜の中には、生で食べると危険な食べ物があります。

有名なものだと、ホウレンソウは聞いたことがあるでしょう。

 

そして、実は白菜も生で食べると危険と言われています。

生で食べる機会はあまりないですが、一体どんな危険があるのでしょうか?

 

今回は、白菜を生で食べると危険な理由や、生で食べると危険な野菜をご紹介します♪

 

スポンサーリンク

白菜は生で食べると危険な理由とは?

白菜は鍋には欠かせない野菜の一つですよね。

加熱調理したり、漬物として食べたりするイメージですが

実は生でも食べることは出来ます。

 

生の白菜はサラダとして食べても美味しいです。

緑の部分をちぎって、白い部分は薄くそぎ切りにして、レタスのように食べることができます。

生で食べても美味しい白菜ですが、食べすぎには注意しなくてはいけません。

 

白菜は、アブラナ科の野菜です。

そして、アブラナ科の野菜には、ミロシナーゼという辛味成分が含まれています。

 

このミロシナーゼを生のままで摂取し続けると、疲労や呼吸不全になる場合があります。

あくまでも1日1キロなど大量に数ヶ月続けて摂取した場合なので、適量であれば問題ないそうです。

また、加熱すればミロシナーゼの成分は壊れてなくなります。

 

ちなみに大きさにもよりますが、

白菜1玉の重さは大体1200グラム

よほどのことがない限り、生の白菜を一日1玉を数ヶ月にわたって食べることはないですよね(笑)

 

じゃあ大丈夫じゃん!と思いますが、白菜は農薬の量が他の野菜より多い傾向があります。

白菜は、害虫が付きやすいため、農薬を多く使われます。

確かに、白菜に虫がついているのをよく見ますよね。

農薬をしても虫がついてしまうことを考えると、仕方ないでしょう。

 

どちらも、すぐに影響を及ぼす事はなくとも、なんとなく心配ですよね。

気になる方は、加熱したものを食べた方が良さそうです。

 

スポンサーリンク

他にもある?野菜で生食が危険なものは?

 

他にも生食が危険な野菜をご紹介します♪

 

ホウレンソウ、ニンニク、タマネギ、キノコ…など。

もし生で食べたい場合は、サラダ用を買うようにして下さい。

 

ホウレンソウにはシュウ酸という成分が含まれています。

この成分は、尿結石・腎結石になってしまう可能性があります。

 

ニンニク・タマネギは、アリシンという成分が含まれています。

胃を刺激するため、お腹が痛くなったり、めまいがすることがあります。

私もタマネギを一度生で食べてしまい、腹痛を起こしてしまったことがあります…。

 

キノコは、生で食べる人は少ないと思いますが、中毒になる危険があります。

加熱用として販売されているので、間違っても生で食べないようにしてくださいね。

 

スポンサーリンク

さいごに

 

白菜を生で食べると危険な理由や、生で食べると危険な野菜をご紹介しましたが、

いかがでしたか?

 

白菜を生で食べても、すぐに影響はないと思います。

ですが、農薬がついたまま食べたり、大量に摂取することで危険があります。

できれば加熱してから食べた方がいいでしょう。

 

また、生で食べると危険な野菜は他にもあります。

是非参考にしてみて下さい。

 

野菜を生で食べる前に、一度確認してみるといいでしょう!

スポンサーリンク
食べ物
スポンサーリンク
くらしのヒントBOX!

コメント

タイトルとURLをコピーしました