白菜を食べ過ぎると太る?カロリーや栄養効果を解説!

冬と言えば鍋ですね。

 

そして鍋に欠かせない食材と言えば

白菜ではないでしょうか?

 

白菜は日持ちもしますし、

割と何にでも合う食材なので

冬になると毎日のように口にする人も

多いのではないでしょうか?

 

そこで気になるのが、

カロリーや栄養だと思います。

 

そこで今回は白菜のカロリーや栄養素について

ご紹介していきます。

 

白菜のカロリーはどれくらい?ダイエット効果もある?

 

白菜は野菜なので

あまりカロリーが高いイメージはありませんが、

実際どうなのでしょうか?

 

白菜のカロリーは100gで14kcalと、

かなり低カロリーの食材になります。

もやしと同じぐらいのカロリーですね。

 

白菜はほとんどが水分でできているので

カロリーが低いのです。

 

ちなみに他の野菜と比較してみると

キャベツは100gで22.9kcal、

玉ねぎは37kcalなので、

身近な野菜と比べても低カロリーですね。

 

お腹いっぱい食べても、大したカロリーにならないので、

白菜はダイエットに最適な食材と言えます。

 

冬になると夏より太るケースが多いですが、

最近体重が気になるという方は

夕飯で白菜をメインにしてみてはいかがでしょうか?

 

鍋はもちろん、スープに入れてもいいですし、

炒めものにするのもいいですよ。

 

白菜はクセが少なく何にでも合うのが

嬉しいところですね。

 

ダイエット効果だけじゃない?!白菜の栄養効果がスゴイ!

 

白菜の嬉しいところはカロリーが

低いことだけではありません。

 

身体に良い栄養素もたくさん含まれています。

 

白菜には食物繊維、カリウム、ビタミンCなど

含まれており、

便秘解消効果やむくみの解消、

また女性には嬉しい美肌効果があります。

 

 

ただし、ビタミンCやカリウムは水に溶けてしまうので

しっかり栄養を摂るなら鍋やスープなどに入れて

汁もいただくのがいいですね。

 

鍋にして余った白菜はキムチにすると

乳酸菌が増えるので

より便秘解消に効果的です。

 

まとめ

 

カロリーが少なく、ダイエットに効果的で

栄養価も高い白菜。

 

正月太りで困っている人には

ありがたい食材です。

 

ダイエット以外にも

便秘解消や美肌効果があるので

女性は積極的に摂っていきたいですね。

 

ただ、白菜自体は低カロリーでたくさん食べても

問題ないですが、

一緒に食べる食材のカロリーが高いと

意味がありません。

 

たとえば鍋にする場合、

だしのカロリーが高くなり過ぎないように

注意してくださいね。

 

白菜は冷蔵庫で日持ちしますし、

冷凍保存もできます。

 

煮ても蒸しても美味しく、

調理の幅も広いので

ぜひいろいろな白菜料理を

取り入れてみてください。

スポンサーリンク
食べ物
スポンサーリンク
くらしのヒントBOX!

コメント

タイトルとURLをコピーしました