トマトの葉や茎には毒がある?中毒はどんな症状?適切な1日の摂取量は?

トマトはリコピンが含まれて身体によい野菜です。

トマトソースやトマト鍋、いろんな料理に使えますがサラダに入れると、ツヤツヤの赤い色で目にも美味しいですよね。

 

身体にいいトマトですが、実は葉や茎には毒があるんです!

とても身近な食べものに毒があるなんて、怖いですよね…。

 

中には中毒症状もあるらしいのですが、どんな症状なのでしょうか?

また、1日の摂取量なんかも気になりますよね。

 

今回は、トマトの葉や茎について、毒がある野菜をご紹介します。

スポンサーリンク

トマトの葉や茎には毒が!適切な摂取量とどんな中毒症状になる?

トマトの葉や茎には、「トマチン」と呼ばれる毒があります。

毒性の糖アルカロイドで、殺菌剤の効果があるそうです。

 

毒があるとなると、もう食べられない!と心配になりますが、

熟したトマトであれば微量しか含まれていないので、心配する必要はありません。

 

トマチンを摂取した際の中毒症状は?

 

軽い症状であれば、頻脈、嘔吐、胃炎、下痢、食欲減退。

重症化すると、低血圧、神経痛から昏睡状態になることもあるそうです…。

昏睡状態になるなんて・・・怖いですね・・考えたくありませんね。

間違ってもトマトの葉や茎は食べる気にならないです。

 

しかし、トマトの葉や茎は食べることはなかなかないと思います。

また、トマトの中にも微量に含まれていますが、1日に4t食べなければ問題ありません。

1日に4t食べるのは不可能なので、基本的には心配する必要はないです。

 

むしろ、4tもトマトを食べれる人がいたら見てみたいですね。

ありえませんが。笑

 

スポンサーリンク

トマトだけじゃない?!毒がある野菜一覧

 

毒がある野菜は、トマトだけではありません。

私たちが普段から食べている野菜には、様々な毒が含まれています。

もちろん食べ過ぎなければ、問題ありませんよ!

 

ナス科の野菜

 

ナス科の野菜(ナス、トマト、唐辛子、ジャガイモ、ピーマンなど)には、

ソラニンと呼ばれる毒が含まれています。

どれも普段から食べるものなので、心配になってしまいますよね。

もちろん過剰摂取しなければ、問題ありませんが怖いです…。

 

インゲン豆

 

生の豆にも、毒が含まれています。

生のまま豆を食べる機会はありませんが、食べる際は加熱をしましょう。

症状としては、下痢や腹痛、嘔吐などがあるそうです。

スポンサーリンク

トマトの1日の摂取量の目安は?

 

トマトの1日の摂取量の上限は、特に見当たりませんでした。

しかし、どんな食べ物も食べ過ぎは禁物です。

トマトは水分量もおおいため、食べ過ぎるとお腹を壊してしまうこともあるでしょう。

 

トマトは栄養価が高い野菜ですが、たくさん食べればいいというわけではありません。

栄養バランスを考えても、多くて1日3個までくらいがいいと思います。

 

また、高血圧予防のためにトマトジュースを飲んでいる方も多いと思いますが、

トマトジュースの飲み過ぎも良くないそうです。

 

私はトマトが大好きで1日1個くらいとトマトジュース1杯を飲んでいます。

他にも加工品で摂取することもあるので、摂取量はギリギリセーフかなと思ってます^^;

どんな食べ物・飲み物も程よく摂取することを心がけましょうね。

スポンサーリンク

さいごに

 

トマトの葉や茎について、毒がある野菜をご紹介しましたが、いかがでしたか?

 

トマトの葉や茎には、「トマチン」という毒が含まれています。

葉や茎を食べることは無いと思いますが、食べないようにしましょう。

 

また、トマトにも少量のトマチンが含まれていますが問題ありません。

食べ過ぎはよくありませんが、普通に摂取するぶんには大丈夫ですよ!

 

トマト以外の野菜も食べ過ぎには注意し、健康的に摂取してくださいね!

 

白菜は生で食べると「毒」ってホント?危険な理由を解説!
野菜の中には、生で食べると危険な食べ物があります。 有名なものだと、ホウレンソウは聞いたことがあるでしょう。 そして、実は白菜も生で食べると危険と言われています。 生で食べる機会はあまりないですが、一体どんな危険が...
スポンサーリンク
食べ物
スポンサーリンク
くらしのヒントBOX!

コメント

タイトルとURLをコピーしました