早く調べても意味がない?!赤ちゃんの血液型はいつ決まるの?

生まれたばかりの赤ちゃんの血液型、めちゃくちゃ気になりますよね。

親の血液型から大体予想はできるものの、ハッキリ知りたいママも多いかと思います。

 

昔は、産後すぐ病院で調べてくれていたようですが、今では一般的に新生児には血液型検査をしないところが多いです。

 

なぜ、新生児の血液型検査をしないのでしょうか?

理由は、成長とともに血液型が変わることがあるからとのこと。

では、赤ちゃんの血液型が決まるのっていったいいつなんでしょうか?

スポンサーリンク

赤ちゃんの血液型は変わることがある!

赤ちゃんの血液型は変わることがあります!

 

血液型とは・・・。

血球の表面または内部にある血液型物質(抗原)の有無によってつける個人の区別

赤血球には表面に「抗原」、血清のなかに「抗体」という2つの物質があります。

更にそれぞれAタイプとBタイプという2種類の物質があり、その組み合わせによって血液型が決定します。

 

赤血球の抗体が充分に強くなるには約1年

血清の抗体が出来上がるには約2~4年くらいかかります。

 

ですから、赤ちゃんの血液型がはっきりわかるのは

4歳以降となります!

 

血液型検査自体は2歳くらいからでもできるのすが、この時期だと血液型が変わってしまうことがあります。

 

血液型検査にはお金もかかるし、チクッと痛みもあるので、何回もさせたくないですよね。

なので正確な血液型検査をするには4歳以降にするのがいいですね。

スポンサーリンク

血液型を知らないデメリットはある?

血液型は実は知らなくても、全く問題はありません!

大人になって、知らなくても特に問題ないでしょう。

 

血液型を知らなくて困りそうなことといえば、輸血の時でしょうか?

 

でも、手術などで輸血が必要になったとして、本人が口頭で「A型です」と申告しても、医療事故を防ぐために、必ず検査をおこないます!

どんなに緊急を要する場面でも、直前に検査するので、血液型を事前に知っておく必要はないのです。

 

あと、自分の血液型がわからなければ

友達同志で、血液型を言い合って盛り上がる時には、ちょっと話題に参加できなくて残念かもしれませんね。

日本人は血液型占いが大好きですから(*’▽’)

スポンサーリンク

血液型はどこで調べる?検査料はいくら?

血液型の検査は採血で行われ、かかりつけの医療機関で調べることができます。

 

血液型検査の費用は全額自費で、健康保険はききません。

医療機関によって金額は変わってきますが、大体3000円くらいです。

かかりつけの医療機関に問い合わせてみるといいですね。

 

特に慌てなくても献血すれば無料で血液型調べてもらえます。

200mlの献血は16歳から男女ともできますね!

 

血液検査のついでに血液型検査!

血液型だけ調べるために採血するのはちょっと気がひけるので

なにかの採血をする時についでに血液検査をするといいですね。

それだったら、ちょっと多めに採血するだけで済むのでおすすめです。

 

我が家の上の子はアレルギーで検査のため採血しましたが、先生が「ついでに血液型を調べますか?」と聞いてくれたので調べてもらいました。

 

下の子は血液型、未だに調べていません!

 

スポンサーリンク

まとめ

・赤ちゃんの血液型は変わる可能性があるので、血液型検査は4歳以降にした方がいい!

・血液型をしらなくても問題ない!

・血液型検査はかかりつけの医療機関でやってもらえる!

 

いかがだったでしょうか?

知らなくても問題なくても、血液型知りたいですよね~(^^;)

 

 

スポンサーリンク
生活
スポンサーリンク
くらしのヒントBOX!

コメント

タイトルとURLをコピーしました