しばらくやってなかったら大変?窓の拭き掃除のコツは?雑巾で良い?

久々に窓をきれいにしようと思って

雑巾で拭いてみたら跡が残ってしまって

かえって汚くなってしまった・・

そんな経験ありませんか?

窓をピカピカにするにはちょっとしたコツが必要です。

この記事では、窓ガラスをきれいに掃除するコツを

ご紹介します。

 

透明にしたい!窓の汚れを雑巾で落としてしばらくすると残る跡はどうする?

 

窓を雑巾で水拭きしてきれいになった!と思ったら

うっすら白い線が残ってる・・

せっかく掃除したのにがっかりですよね。

そもそも雑巾で窓を拭いたときに

跡が残るのはなぜなのでしょう?

 

これは拭き掃除で使った雑巾や洗剤が原因であることが多いようです。

うまく洗剤を拭き取れていないと泡の跡が残りますし、

古い雑巾を使っていると繊維のほつれが残って

掃除前より汚くなってしまうことがあります。

 

拭き掃除というと「雑巾」が一般的ですが、

窓をきれいにするには実は「新聞紙」がオススメなんです。

 

新聞紙は繊維が粗く、汚れを絡めとりやすいため

簡単にきれいにできます。

また新聞紙に含まれるインクはガラスをきれいにする効果があります。

新聞紙だと掃除が終わったらそのまますぐに捨てることができるので

片付けも楽でとても便利ですね。

 

簡単な工夫で出来栄えも違う?窓掃除を上手くするコツをチェック!

 

では早速新聞紙を使って窓をきれいにしてみましょう。

 

掃除の前に、

新聞のインクで手が汚れないようゴム手袋をつけてから作業をしてくださいね。

 

まず新聞紙1面分をくしゃくしゃに丸めボール状にします。

この新聞紙ボールを水で濡らして窓を拭いていくのですが、

この時左上の角から右上の角にスライドさせるように

「一方通行」で拭いていくようにしましょう。

 

一通り水拭きが終わったら

最後に乾いた新聞紙ボールで乾拭きしておしまいです。

 

もし汚れがひどい場合は

バケツの水に中性洗剤を少し混ぜましょう。

ガラス用洗剤だとかえって

拭き跡が残ってしまう可能性があるので、

よほどひどい汚れでなければ中性洗剤で大丈夫です。

 

窓拭きのコツは最初の水拭きが乾ききる前に乾拭きすることです。

1度水に濡らした後に再度乾燥すると、

汚れがガラスにこびりついて落としにくくなるので、

窓拭きは1枚ずつ仕上げていくようにしましょう。

 

まとめ

 

新聞紙を使っての窓拭きのコツをご紹介しました。

もし自宅に新聞紙がない場合は

マイクロファイバークロスを使うのもオススメです。

 

窓掃除をするオススメの日ですが、

湿気のある曇りの日や雨上がりの時の方が、

ガラスに付着した汚れも水分を吸ってふやけている分

落としやすくなります。

 

時間帯については、

汚れが目で確認しやすい夕方や、

乾燥するスピードが遅い朝に掃除するのが

オススメです。

 

どうせやるなら汚れの落としやすい日や

時間帯を選びたいですよね。

ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク
掃除
スポンサーリンク
くらしのヒントBOX!

コメント

タイトルとURLをコピーしました