みたらし団子は冷凍できる!解凍のコツとおいしく食べれる保存期間は?

みたらし団子と言えば、甘じょっぱくてモチモチで、最高に美味しいですよね~♪

あの味と食感が、たまりません!何個でも食べられる気がします。笑

 

私はみたらし団子が大好物なので、つい沢山購入してしまうのですが、

いつも困るのが保存方法だったりします。

というか、保存期間もあまりよく知りませんでした…。笑

 

今回は、みたらし団子の冷凍方法や保存期間、解凍方法などをご紹介します。

 

みたらし団子の冷凍の方法と保存期間は?

パック、パックから出したもの、手作り、それぞれの冷凍方法をまとめました!

 

パックのまま保存する場合

 

パックで販売されているみたらし団子であれば、そのまま冷凍することが出来ます。

スーパーやコンビニで貯め買いしても、そのまま保存できるのは楽ですよね~!

これなら沢山買っても問題なさそうです♪

 

パックから出したものを保存する場合

 

みたらし団子の串を1本ずつ、クッキングシートなどで包んでください。

それからジップロックまたはタッパーなどに入れて冷凍しましょう。

(ラップで包むとタレがくっついてしまうので注意)

 

手作りみたらし団子の場合

 

お団子だけをバッドに並べて(くっつかないように)冷凍庫に入れて下さい。

その後、完全に凍ったらジップロックやタッパーに移すといいでしょう。

タレは別で作って保存したほうがいいと思います!

 

みたらし団子の保存期間について

 

常温の場合は、パックにある賞味期限を守って食べるようにしましょう。

夏場は傷みやすいので、早めに食べるようにして下さい。

 

冷凍庫で保存した場合は、3か月持つそうです。

ただし、時間が経てば経つほど風味や食感が落ちてしまいます。

冷凍保存だとしても、できるだけ早めに食べるようにして下さい。

 

冷凍したみたらし団子をおいしく食べる!解凍のコツは?

 

みたらし団子の解凍方法は、「自然解凍」が一番良いそうです!

 

早く解凍したいからといって、レンジでチンするのはあまりオススメできません。

団子なので、レンジなどで解凍するとべたついたり固まりそうですしね…。

 

大体常温で30分~1時間ほどで解凍されます。

季節、気温によっても変わってくるので様子を見ながら確認しましょう。

 

手作りの場合も自然解凍後にタレと絡めるといいとのこと。

おしるこなどに使う場合は、凍ったまま入れても使えるので便利ですよ!

 

お取り寄せ出来る!老舗のみたらし団子!

 

おとりよせネットで人気ナンバーワン!「富久屋のみたらし牡丹団子」

富久屋みたらし団子

 

みたらし団子について調べてみると、美味しそうな人気みたらし団子を発見!

明治45年創業の富久屋の名物なんだそうです。

また、農林水産省2017フードアクションニッポン受賞商品なんです!

 

ページを見てみると、団子のサイズがとにかくでかい!!

1本食べるだけで、相当満足できそうです♪

団子の中には、甘さ控えめのあんこも入っています。

 

1本100g、6本入り、1150円です。

気になる方は、是非購入してみてはいかがでしょうか?

 

もう一つ!

楽天で口コミがよかったみたらし団子を紹介します。

なんと、タレが団子の中に入っています(*_*)

斬新ですが、これならみたらしをこぼさず食べることができますね。

 

口コミでは

・とにかくおいしい!

・リピート決定!

・お使い物にする

など評判も上々です。

 

通販では冷凍便で届けてくれるそうです。

通販のほか、JR新大阪駅や関西空港、伊丹空港、

サービスエリア(岸和田、吹田、桂川)にも置いてあるとのこと。

私は来月大阪に行くので、JRの店舗をチェックしようと思っています。

 

さいごに

 

みたらし団子の冷凍方法や保存期間、解凍方法などをご紹介しましたが、

いかがでしたか?

 

みたらし団子を沢山買ってしまったor貰った際は、冷蔵保存するといいでしょう。

パックのままでも保存できるのは楽ですよね。

私も買いだめできるとわかり、嬉しいです♪笑

 

みたらし団子の保存方法に困っている方は、参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク
食べ物
スポンサーリンク
くらしのヒントBOX!

コメント

タイトルとURLをコピーしました