オリーブオイルは常温で保存すると腐る?冷蔵庫に入れた方がいいの?

皆さんは、オリーブオイルの保存はどうしていますか?

常温、冷蔵、それぞれ色々な保存の仕方があります。

 

ちなみに私は日の当たらない場所で常温保存をしていますが、

それが正しいのかは調べるまで知りませんでした…。

 

そこで今回は、オリーブオイルの保存方法について詳しくご紹介します!

 

スポンサーリンク

オリーブオイルは常温保存出来ない?酸化させない保存方法!

最初に、オリーブオイルの保存方法のNGをご覧ください。

 

✓直射日光に当たる場所はNG

 

オリーブオイルに紫外線が当たると、味などが劣化してしまいます。

遮光効果のあるビンが使われているものもありますが、絶対に日航はNG!

遮光のないものは、アルミホイルを巻くといいでしょう。

 

✓気温が高い場所での保存はNG

 

加熱でオリーブオイルが酸化することは基本的にありませんが、

ガスコンロの近くに置いておくと頻繁に温度が上がったり下がったりするため、

どうしても酸化のスピードが上がってしまいます。

 

コンロ付近や気温の高い場所に保存するのは避けましょう。

ちなみにシンク周りもお湯などを出すので、向いていません。

 

✓冷蔵庫での保存もNG

 

直射日光NG、高温NGとなると、後は冷蔵庫くらい…?と思うかもしれませんが、

冷蔵庫での保存も向いていません。

 

理由はオリーブオイルが結晶化したり、香りが飛んでしまうためです。

使用上に問題はないのですが、

せっかくのオリーブオイルの風味が台無しになってしまいます。

 

 

この上記3つを踏まえた上で、おすすめの保管場所は「冷暗所」となります。

冷暗所は直射日光が当たらなく、温度も低めで一定に保たれている場所です。

ベストな気温は15度~20度となるので、覚えておいてくださいね。

 

温度が一定に保たれていれば酸化もしにくくなるので、長持ちするでしょう。

 

スポンサーリンク

オリーブオイルを冷蔵庫に保存したら固まった!これって使える?

 

オリーブオイルを冷蔵庫に保存すると、結晶化し固まることがあります。

しかし、湯煎をすることで、固まったオリーブオイルを元に戻すことが出来ます。

 

湯煎のやり方は、鍋に水を入れ、オリーブオイルをビンごと入れて温めればOK.

この際、ビンの蓋は取って温めるようにしてください。

 

一応、湯煎後のオリーブオイルを使っても問題はありません。

ただし何度もこれを繰り返してしまうと、風味や品質の低下に繋がってしまいます。

 

次回からは、冷蔵庫ではなく冷暗所に保存しましょう。

 

また、湯煎が面倒な方は、使う分量だけレンジで温めて使うことも出来ます。

ただし毎度温めるのも面倒なので、保管場所には注意してくださいね。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

オリーブオイルの保管場所についてご紹介しましたが、いかがでしたか?

 

オリーブオイルの保管場所は「冷暗所」がおすすめです。

・直射日光の当たらない場所

・15度~20度の気温に保たれている場所

この二つに当てはまる場所であれば、どこでも構いません。(コンロ付近はNG)

 

また、固まってしまったオリーブオイルは湯煎などで戻すといいでしょう。

次回からは、冷暗所に保存してくださいね。

 

オリーブオイルの風味を維持するためにも、保管場所には気を付けましょう!

スポンサーリンク
食べ物
スポンサーリンク
くらしのヒントBOX!

コメント

タイトルとURLをコピーしました