ほうじ茶を飲むタイミングは?おいしく飲めるのは朝・昼・夜いつ?

ご飯の後には、やっぱり日本茶がピッタリですよね♪

個人的に好きなお茶葉「ほうじ茶」なんですが、ほうじ茶の人気は高いと思います!

 

ほうじ茶の香ばしい香りは、他のお茶ではなかなか味わえません。

緑茶が苦手な方にとっても、飲みやすいお茶の一つでしょう。

 

そんなほうじ茶ですが、皆さんはどのタイミングで飲んでいますか?

できれば、ほうじ茶の効果やおいしさが一番味わえる時に飲みたいですよね。

 

今回は、ほうじ茶の飲むタイミングや飲み過ぎによる影響についてご紹介します。

 

スポンサーリンク

ほうじ茶はいつ飲むのがおいしくて効果的?

ほうじ茶を飲むタイミングは、朝or夜に1杯飲むのがいいでしょう。

 

朝にほうじ茶を飲む場合

 

ほうじ茶の健康効果を感じたいのであれば、朝がおすすめです。

ほうじ茶の程よいカフェインが、眠たい朝に丁度良く刺激してくれます。

暖かいほうじ茶を飲むことによって血管が広がり、活動もしやすくなりますよ♪

 

夜にほうじ茶を飲む場合

 

リラックス効果を感じたい方は、寝る前に一杯飲むといいでしょう。

ほうじ茶にもカフェインが含まれていますが、

ほうじ茶のカフェイン量は他のお茶に比べて少ないので、寝る前でも安心!

ほうじ茶のいい香りで、とてもリラックスできますよ♪

 

ほうじ茶の効果をご紹介!

 

ほうじ茶の効果は、

殺菌効果、美肌効果、脂肪減少効果、冷え性改善、リラックス効果などが期待できます。

 

特に女性にとっては嬉しい効果ばかりですよね♪

脂肪減少効果があるので、ダイエットをしているかたにもおすすめです!

 

また、ほうじ茶の殺菌効果は風邪予防にもなります。

健康効果としても期待できるので、日々摂取すると良さそうです。

 

スポンサーリンク

ほうじ茶の飲み過ぎには要注意?!どんな影響がある?

 

ほうじ茶が健康的な飲み物ということがわかりましたが、

飲み過ぎてしまうとどうなるのでしょうか?

 

どんな食べ物・飲み物でもそうですが、もちろんほうじ茶も飲み過ぎはよくありません。

 

健康や美容にも良いのに、何故?と思いますよね。

何故かと言うと、ほうじ茶の「カフェイン」が体に悪影響を及ぼしてしまうからです。

 

上記でほうじ茶は他のお茶よりカフェインが少ないと書きましたが、

カフェイン量が「少ない」だけでゼロではありません。

 

飲み過ぎてしまえばカフェインを大量に摂取してしまうことになるので、

あまり良いこととは言えないでしょう。

 

カフェインを大量に摂取すると、

体調を崩すだけではなく、中毒症状が起き意識障害になることもあります。

 

とは言え、ほうじ茶で中毒症状を起こすまで飲む方はいらっしゃらないと思うので、

普段朝と夜に摂取するくらいであれば、全く問題ありません。

 

こういうこともあるんだな~くらいに気に留めておくといいでしょう。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

ほうじ茶を飲むタイミングは、朝か夜がおすすめです。

朝と夜どちらも飲む、と言うのもいいでしょう。

 

ほうじ茶の飲み過ぎに関してはそこまで気にする必要はありませんが、

カフェインが多少入っているということは覚えておきましょう。

 

飲み過ぎには注意し、程よい量で美味しくほうじ茶を飲んでください♪

スポンサーリンク
食べ物
スポンサーリンク
くらしのヒントBOX!

コメント

タイトルとURLをコピーしました