日焼けは一日で治すことができる?!早く治す方法とは!

夏休み、ビーチで子どもと楽しく遊んでいたら時間を忘れて、がっつり日焼けしてしまった!なんてことありませんか?

小麦色の肌は健康的で夏らしくていいのですが、あまりにも日焼けしていると仕事にいった時に、同僚にいろいろと言われそう?!

そんなあなたに日焼けを一日でも早く治す方法を紹介します。

スポンサーリンク

日焼けは一日で治すことができるの?

 

一般的に日焼けをしたら、大体2~6時間ほどで皮膚が赤くなり痛くなります。人によっては赤くならないで、すぐ黒くなる人もいます。

 

皮膚が赤くなった後は黒くなり、日焼けした黒い肌になります。

 

日焼けが治るには肌がターンオーバーしなければならないので、大体28日間くらいかかるといわれていますので、日焼けを一日で治すのは難しいでしょう。

 

一日で治すのは無理でも、出来るだけ早く治す方法はあります!

スポンサーリンク

日焼けを早く治す方法!

日焼けを早く治すには、この28日間かかるターンオーバーの期間を少しでも早くなるように、はたらきかけます。

①冷水で冷やす

重症の日焼けになると赤くなるだけではなく、水ぶくれになってしまうこともあります。

冷たいシャワーや水風呂で日焼けの部分を冷やしてあげます。

香料を含んだ入浴剤やボディーソープは肌に刺激がありますし、お湯は皮膚を乾燥させるので注意してくださいね。

 

②保湿をしっかりする

低刺激のローションで肌を潤します。

そして、保湿クリームを塗って、肌の表皮を保護してあげると、炎症も防げます。

 

③ビタミンをとる!

ビタミンの含まれた食品を採ることも大切です。

特にビタミンA、C、Eを摂りましょう。

ビタミンAは卵やレバー

ビタミンCはレモンやブロッコリー

ビタミンEはアボカドやアーモンド

に含まれていて、特にターンオーバーに効果的なビタミンCを意識して摂るようにしましょう。

 

④水分補給をする!

夏場は汗で身体の水分が失なわれますが、日焼けした皮膚はさらに水分を損ないます。水分を多めにとるように意識しましょう。

アルコール類は水分を排出する効果がありますので、日焼けを早く治したい時は控えましょうね。

 

♬     ♪     ♬

日焼けを早く治す方法を紹介しましたが、日焼けは治すのが大変ですし、歳を重ねるごとにシミができやすくなったり、日焼けによるリスクも多くなりますので、しっかりと日焼け止めを塗って外出するようにしましょう。

日傘をさすのもいいですね♬

 

日傘の色は黒が日焼け防止に効果的?!理由とは?

 

 

 

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
くらしのヒントBOX!

コメント

タイトルとURLをコピーしました